スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ほどほどに苦、ほどほどに楽 ♪

 今日は、東京競馬場では、
第76回 日本ダービー がありました

 テレビでも中継してましたが、
皆さんはご覧になられましたか
 小雨降る中でのパドックの様子が映っていましたが、
どのサラブレッドも毛艶がよく、ピカピカ光っていて、
表情も可愛いんですよね~

 1着 ロジユニヴァース  
 2着 リーチザクラウン
 3着 アントニオバローズ

 という結果でした。
 ロジユニヴァースの横山典弘騎手は、念願だった
ダービー初優勝だったそうです。
 誠におめでとうございます

 しかし、かくいう私は、
5月10日のNHKマイルの優勝馬、
ジョーカプチーノを中心に考えておりまして、
1番人気のアンライバルドにも期待しておりました
ので、
惨敗でした~
 雨模様で重馬場だったことも
人気馬の後退劇を手伝ったかも…

 来週日曜日は、安田記念が開催されます。
 また、ガンバロウと思います。
 はずすと、ガックリきますが、
情報を集めて分析したりしながら、
ドキドキわくわくの週末を過ごせますから、
私にとっては、小銭で楽しめる娯楽です。

 さて、先日、医学講演会に行きました。
 その時に拝聴させていただいたお話を
少しだけお届けしたいと思います。
「痛みの文化史」という題名で、
宮崎大学医学部付属病院 病院長の
高崎眞弓先生がお話をされました。

 人の歴史は、病気との闘いの歴史でもありますが、
病気との闘いとは、治療も含めて、「痛み」との
闘いの歴史でもあります。
 昔は、麻酔技術がなかったので、
治療も手術も、すべての痛みを我慢しなければ
なりませんでした。そのために、治療などの痛みを
恐れて逃げ出す患者も多かったそうです。

 西洋で、エーテル麻酔が行われるようになったのは、
1846年だそうです。

 が、我が日本では、それよりも早い1804年に、
医師、華岡青洲がチョウセンアサガオなどを用いて、
乳がんの麻酔手術を成功させていたそうです。
 (当時のいきさつは、有吉佐和子の小説
「華岡青洲の妻」に詳しく描かれています。)
 
 このチョウセンアサガオですが、
昨日の熊本大学薬草園の矢原園長先生も
「注意が必要だ!」
 とおっしゃっておられましたが、
 山で野生のゴボウを採集する際に、形状が大変
似ているので、チョウセンアサガオの根と間違えない
ように、くれぐれも注意しなければならないということです。
 自分で採集して来られて、山ゴボウと間違えて食べて、
命を落とした方もいらっしゃるそうです。

 現代では、麻酔技術も発達し、
無痛で安全な治療や手術が受けられるようになりました。

 本当に、有難いことです
 それは、たくさんの先人たちの
「痛みとの命がけの闘い」があったおかげなのですよね。
 我慢できないほどの「痛み」は、
私も経験しましたが、
まさに、「生き地獄」ですものね。  

 痛くなった時の、お薬の使い方のポイントとしましては、
「なるべく早めに痛み止めを飲む」 ということです。
 ギリギリまで我慢していてえ、もう耐えられない状態になってから、
お薬を飲んでも、なかなか効き目が現れにくいと言われています。

 痛みの強い病気は、様々あります。そんな時には、
心身に負担をかけないためにも、
早くひどい痛みを取り去ることが大事だと思います。

 しかし、「痛み」は、良い作用もしているそうです。
 「痛み」を感じることができなければ、病気になっていることにも
気づかず、悪化させてしまうかもしれません。
 また、ある行為をした時に「痛み」を伴えば、その人は反省し、
あるいは学習して、同じ行為をしなくなるので、その人の進化にも
つながる、ということです。

 ですが、
 特に現代の日本社会では、
「快」ばかりを追求し、「苦」を避ける風潮が強いので、
 そのために、
人生に深みと味わいがなくなり、
無味乾燥なものになっているのではないか?!
 寒い冬があるからこそ、春が来た時の暖かさに
感謝の念や桜の花への感動の気持ちが湧いてくるというもの。

 痛みを忘れてしまった現代文明を批判している書物

「 無痛文明論  」   森岡正博 著

 のご紹介もありました。

 私も、同感です。

 テレビやラジオ、新聞、インターネットでも、毎日のように
刃傷沙汰の事件報道が流れています。
 これは、なぜなのか?
 どういうことなのか!?

 時々、考えることがあります。
 他者の肉体を傷つける人は、日ごろ「痛み」や「苦痛」を
感じることもなく生きてきたのではないだろうか?

 私は、自分の体験から言えることがあります。

 真の痛みを知った人間は、他者を傷つけることはできない。

 私は、そう思います。

 我慢できないほどの「痛み」にずーっと耐えることは、
心身にとって良くありませんし、
 苦労をし過ぎることも、健康のためには良くないと思います。

 が、楽チンにひたり過ぎるのも、良くないのかも知れません。

 何事も、ほどほど、
バランスがとれているのが、一番イイのだと思います。

 ほどほどに苦、ほどほどに楽
 明日から、こんな感じでガンバりま~す

 
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

noapitt

Author:noapitt
【宮崎の占い屋さん
三神ノアのちょっとイイ話】
ブログページに、ようこそ!!
“開運占いオリジナル情報”、
“健康情報”や“グルメ話”など、
楽しく語ります~♪
 これからも、遊びに
いらしてくださいネ!
三神ノアは、
【三神式カウンセリング室
 ノアルーム】 を主宰
しています。
宮崎県宮崎市の
宮崎中央郵便局の近くです。
[鑑定日] 水・日・祝日
 <完全ご予約制です>
「タロットカードセミナー会」も
楽しく学べると好評です♪
プロ養成コースに進級可。

line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
FC2カウンター
line
最新トラックバック
line
カテゴリ
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。